A boiled egg

ぼちぼちいこか

大学生活半分振り返って

大学3年生になり、学部生活もあと2年(の予定)となったわけだが、ここまでまあ色々あった。

 

大学入って最初の1ヶ月は大学寮にいたのだが、ゴールデンウィークには退寮してたり、特にそこまでオタクだったというわけでもないのにアニ研入ってその結果染まったりである。

逆に勉学の方に関しては、絶起やらなにやらで高校卒業以来何も得ていない気がする。入学時の夢に溢れた学業プランはどこ行った。

 

この2年間の大学生活で得たもの

1.その期のアニメの本数をこなすこと

ガチなサークルに入らずにアニ研に入り、精神的余裕が生まれればまあそうなる。2年生あたりから本数増えだした。

2.ライブやコミケなどのイベント参加の楽しさ

高校ではそういうのに行ける余裕が、地理的にも金銭的にもスケジュール的にも無かったので、ぶっ壊れたように色々行ってる。東京に行く時は、安定の夜行バス。

 

2年間で失ったもの

1.学習意欲

学生として一番失っちゃいけないもの。知的好奇心が消えたわけじゃなくて、努力せず知識を得たいだけなんだという言い訳。やっぱダメだなこいつ。単位は元々無いものを得るだけなので断じて失ってはいない。

2.コミュ力

中学高校でも、喋ってる途中でどもったりしてコミュ障みたいな所はあったが、話相手がそこそこいるだけまだマシだった。大学入ってからは話す機会も人数も減ってコミュ障に拍車がかかった。その代わり家にいることが多くなって独り言が増えた。

3.親からの信頼

何の信頼かは察してください。別に親と仲悪くなったとかじゃないし、留年すんなよハハッ♪ってノリなので多分大丈夫(?)

 

院行くつもりではいるけど、自分の脳みそのスペックや親と相談しなきゃなので、こんな学生生活があと何年続くかは分からない。

2019冬アニメ見たやつ

平成最後のアニメもついに最終回を迎えている。2019冬で視聴したアニメを、今回もまた簡潔にまとめていく。

50音順です。

 

  • 上野さんは不器用

 好きな男子に近づくため、自分の科学的発明品を使うが、男子が鈍感すぎるのもあって毎回上手くいかない女子の話。最終回近くに出てきた女子テニス部部長が可愛かった。

 

  • えんどろ〜!

 勇者パーティ組んだ主人公達が勇者を目指して頑張る話。かなり緩い雰囲気。1話で勇者パーティや魔王が過去に飛ばされるので、実質タイムリープもの。9話のカルタードの村の回は本当に謎。最終回は感動した。

 

 両思いの男女が、お互い相手の方から先に告らせようと知略()を巡らす話。アニメ見る前は、ドロドロした感じかなと思っていたのだが、ギャグ一直線だった。石上君のネガティブな発言が、個人的にこのアニメで一番好きな部分かもしれない。

 

  • ガーリー・エアーフォース

 アニマと呼ばれる人型存在が、ドーターという戦闘機に乗って謎の敵性勢力と戦う話。中国語に由来する用語とかちょくちょく出てくる。3人の中だったら、イーグルが一番可愛いと思う。

 

  • ケムリクサ

 いくつもの島からなる世界を、数人の男女が生存のために旅する話。敵が現れたりした時にケムリクサを用いる。10話ラストから目が離せない。たつき好き。

 

  • 荒野のコトブキ飛行隊

西部劇×戦闘機、みたいな雰囲気のアニメ。戦闘機は、世界大戦期あたりの型だと。戦闘機全然詳しくないけど。戦闘シーンは、飛行機の速度がよく伝わってくるようでとても迫力があった。女の子が「クソ野郎」とか言ってるのってやっぱり興奮する()。

 

  • 五等分の花嫁

 家庭教師の男子高校生が、五つ子の姉妹に勉強を教えながらラブコメする話。原作途中までしか読んでないから、どこまでやるか心配だったけど、原作で読んでた所よりも前の部分で最終回迎えてた。早く原作読め。推しの話をすると、「お前は分かってない」と多方向から言われそうなので、ここでは黙っておく。 

 

 異世界転移もの。異世界転移しその先の世界で、4つあるうちの1つ、盾の勇者になった主人公だったが、国から冤罪をかけられ、それを背負い苦労しながら勇者をしていく話。次クール継続。下から這い上がるやつは好きなので普通に面白いと思う。テンポもいいし。

 

主人公の男子高生が、女子高生と出会って数時間で交わったり、彼女の姉(通っている学校の先生)と付き合ったりする話。こう書くと結構ドロドロしてそうに思えるが、作中の雰囲気はそこまで重くはない、と思う。私は先生の方が好きです。

 

  • マナリアフレンズ

 神撃のバハムート原作のアニメ。私自身はこのゲームはやっていないが、CMでアンが靴下履くシーンがえっちすぎてとりあえず1話を見、そのまま最終回まで見てしまったという具合である。なんか色んな所で作画がえっちだった。

 

 人間界と地冥界との大戦から3年が経過した世界で、魔法少女は人間同士の紛争やテロなどに関わり、一方で地冥界の残党等とも戦っていく、という話。魔法少女を、単独の絶対的な兵器としてではなく、組織の一員として利用している所が感じ取れるのが興味深いと思った。

 

モブサイコ100の2期。めっちゃすごい超能力を持った男子中学生が、周りの超能力者や一般人と関わって成長していく話。超能力に頼らずに好きな女子を振り向かせようと頑張ってる。例えば筋トレとかしてる。

 

 個人的に今期一番面白いと思った作品。食用として育てられている子供たちが、施設から脱走しようと目論む話。子供のクセにこいつらめっちゃ賢いなって思った。最終回のフィルかわいいよフィル。早くも2期決定したので楽しみ。

 

  • revisions リビジョンズ

未来に飛ばされた渋谷区と、その時代の敵対勢力との戦いの話。主人公がとにかくうざくかったが、設定とかが面白いなと思った。主人公がうざい以外の感情がほぼ無いのが問題。

 

  • 私に天使が舞い降りた!

 可愛い女子小学生が出てきて、相好が崩れっぱなしになるアニメ。5話の小依×夏音と9話のひなた×乃愛はひたすら悶えた。女子小学生はやっぱり最高だぜ。

 

15本の作品をまとめた。前回同様、再放送で視聴したやつは含まれてない。クールの後半は結構溜めがちになってたので、視聴本数絞ろうかなとも思ってる。実際このクールでやってる「ピアノの森」は結構撮り溜めてるし。

 

平成31年春アニメもとい、令和元年春アニメも始まる。とりあえず気になってるのは、「ひとりぼっちの〇〇生活」。「三ツ星カラーズ」と同じ原作者の作品である。

春アニメが始まるということは、学年が1つ上がるということでもある。研究室配属バリアまであと1年。あと2年で卒業予定。果たして4年で大学を卒業できるか!

 

追記

SAOアリシゼーションと、からくりサーカスを入れ忘れてた。まあどちらも最終回は迎えてないので、ちゃんとした感想は次のクールで書こうと思う。アリシゼーションは2クール空くが。

レヴュースタァライト オーケストラライブ

2019年3月31日に中野サンプラザで行われた、「STARRY KONZERT」に参加してきた。

私は昼と夜の部両方に参加した。

 

イベントの内容は、レヴュースタァライトの楽曲をオーケストラで生演奏し、それに合わせて演者の方々が歌うというものだった。

 

昼の部、夜の部ともにセトリは同一で、星のダイアローグから始まり、レヴュー曲を順番に、最後に約束タワー、アンコールにStar Divineであった。レヴュー曲の演奏では、曲と曲の繋ぎとして劇中BGMや第100回星翔祭直後の話を演者が演じたりしていた。

 

また、オーケストラライブということで、オーケストラメインの演出であった。演者の方は、歌って踊りもしたが、そこまで激しく踊るというようなことは無かった。演者の通路とオーケストラとの距離も近そうだったし。

そのようなこともあり、観客は座って静かに聴き入っていた。ペンライトも、振る人はいるにはいたが、あんまりいなかった。だが最後の2曲では結構いたが。

 

全体を通して一番感情が高まったのが、「Star Divine」である。同じくらい「誇りと驕り」も高まったが妥協した結果こうなった。華恋が最後に歌う「切っ先に栄光止まれ」で後ろの演奏が静かになり、そしてまたメロディーが流れ出す所で、毎度毎度昇天しかける。静かに聴き入っていたので、静かに昇天しそうになってた。

 

テンションぶち上がるようなイベントではないが、レヴュースタァライトの楽曲をオーケストラでゆったりと聴けるという点で、素晴らしいイベントであった。唯一の欠点は、立つ楽曲が一切なくケツが痛くなったことぐらい。夜の部で三森すずこさんが言っていた「ラーメンや焼肉を食べた時の充足感とはまた違う、フレンチのフルコースを食べた時のような充足感に近い」と言ったのは、まさしくその通りだと思った。

 

今まで、テンションアゲアゲなイベントにしか行ってなかったので、なんか物足りないなと思う気持ちも確かにあるが、新たなライブの聴き方楽しみ方を見つけたのはよかった。ライブ地蔵オタクもこんな気持ちなのかなとも思った。

 

ニューシングルの発売やショートアニメの制作も発表され、まだまだ楽しみである。

Aqoursファンミ東京2日目昼の部

3/3(日)に武蔵野の森総合スポーツプラザで、行われたAqoursのファンミーティング(昼の部)に行った。感想書くのにこんなに時間がかかったのは、ただ単に書くの忘れてただけ。

 

今回は、現地に行くまでに様々な事件というか事故が起きた。

まず、飛行機始発が取れなかった。

私は法事で実家の宮崎の方にいたのだが、3/3(日)の羽田行きの始発に乗るつもりだった。しかし、色々あって取れず。次の便を取った。まあ次の便でもまあまあ間に合うような時間だったはずなので、この時点ではまだなんとかセーフ。

次に、東京に着くととてつもない腹痛。

原因は、朝飯とか姉に朝まで飲みに付き合ってしまったとか色々あると思われる。とにかく腹が痛くて個室トイレに駆け込む。しばらくしたら収まるだろうと腹抱えて唸っていたら1時間程のロス。この時点で遅刻が確定してしまった。連番でチケットをゲットしていた方と一緒に参加する予定だったので、多大な迷惑をお掛けしてしまった。以後体調管理等には気を付けます。

 

そんなこんなで、現地に着いてアリーナ席に入れたのは開演から45分ぐらい経った頃だった。私が入った時にやってたのは、トークパートで恋愛即興劇みたいなことやってた。

棒持って、手を離さずにそして喋らずにお題を伝えるというのもあったが、鈴木愛奈さんと逢田梨香子さんのゴリラのモノマネが個人的にツボにはまってる。てか棒あっても無くても良くね?って思えるお題ばっかだった。顔芸面白かったからいいけど。

お題を一単語のみで伝えるゲームは、ギルキスが全然点数取れてなくて悲しかった。てかAZALEAが点むしり取っていった印象。

ギルキスの優勝が絶望的になり、昼の部ではCYaRon!がトップに。昼の部終わった後の感想会で「CYaRon!優勝!」って言われて悲しいお気持ちになった。実際優勝したのAZALEAだけど。

 

トークパート感想以上。なんか忘れてるところあるかもしれないけど、だいぶ時間経っちゃってるので思い出せませんすみません。

 

ライブパートは、率直に言って素晴らしかった。ユニット表題曲2曲やるのは普通に強い。AZALEA→ギルキス→CYaRon!の順番も、どんどん高まっていくので非常によろしい。

「コワレヤスキ」の間奏で、小林愛香さんが叫ぶところをアリーナ前方で見れたのは個人的にとても大きな感動を呼んだ。チケットを取ってくださった連番者様には頭が上がりません。

最後の「ホップ・ステップ・ワーイ!」とアンコールの「君ここ」では、小林愛香さんと目が合った。いつもは、遠い席で目が合っているか合ってないか分からないけど合っているでしょうという希望的観測をしているが、今回は絶対合った。アリーナ席だしそうでしょういやそうに違いない!

 

そんなこんなで東京ファンミ、とても楽しかったです。一緒に参加した先輩方、ありがとうございました。

 

色々と反省点もあるイベント参戦だったので、今後に活かしていこうと思う。

 

 

 

生きてきた中で印象に残っている漫画

最近また漫画購入欲が出てきて、これまで20年間で読んだ漫画って何だったっけかなーと思うようになった。そんなに読んでないのは確かだと思うが(あくまで主観)印象に残っている漫画はいくつかある。面白いという観点ではなく、あくまでも印象に残っているという観点で紹介する。

面白くない作品を紹介するという意味でもないので揚げ足取りはやめてくれ。

 

黒執事

姉の部屋に勝手に入って遊んでた頃(小学校中学年頃)に読んだ。既刊全部は置いてなかったが、3巻ぐらいまで読んだ気がする。グロイなーって思いながら読んでた。

 

20世紀少年

実写映画がやってて、それ先に見てから原作を読んだ。なんか色々ゴチャゴチャしてて内容全く覚えてないが、ともだちランドの原色っぽいSF感は結構好き。

 

鋼の錬金術師

姉が買って家族で回し読みしてた。これは最後まで読んだ。アニメも家族で見てたという点でかなり印象深い作品。

 

銀の匙

ハガレン終わったなーって思ってたら、ハガレン荒川弘先生が新作出したぞーって宣伝文句に釣られて読んだ。原作者の実家が農家ってのもこれ読みながら知った。アニメは見てない。その上最新刊積んでる。

 

信長協奏曲

ふと本屋の漫画コーナー見たら既刊6巻ぐらいまでディスプレイされてて、表紙買いした作品。最初の方の刊は親に買ってもらってたって理由で印象に残ってる。これも積んでるし最新刊だけ積んでるとかいう問題でもない。

 

寄生獣

本屋で、漫画の完全版が並んでる棚見てたらなぜか気になってそのまま購入した作品。この作品のメッセージについて語りだしたらとても臭い発言になりそうなのでしないが、面白いというより衝撃を受けたという感じである。別につまらないとは思わないが。

同じ原作者でヒストリエという歴史漫画があるのだが、これは歴史漫画として普通に面白いと思った。

 

イキガミ

20世紀少年同様、実写映画先に見てから原作読んだ。結末はレヴューとか見ても賛否両論あるみたいだが、オムニバス形式、特に人の人生や生死を取り扱った作品っていいなって強く感じるようになった作品である。

走馬灯株式会社は虫食いでしか読んでないし、「死役所」はまだ連載中だけど、この2つの作品も同じ系統で好き。

 

他にも、実家帰るとでんじゃらすじーさんとか「ケシカスくん」とかペンギンの問題とか置いてあってひたすら泣けてくる。ゲラゲラ無邪気にコロコロコミック読んでたあの頃の自分はもう帰って来ないんだ...

 

とりあえず最近買った「阿波連さんははかれない」「白聖女と黒牧師」1巻買って読んで、いいなって思ったので明日あたりに既刊全部買います。

2018秋アニメ見たやつ

2019冬アニメが始まっているが、すでに話数の滞納が出始めている。まあいつものことだが。そもそもアニメを継続して視聴するのが自分の性格的に云々かんぬん。

 

というわけで2018冬アニメで最後まで見たやつの感想を簡潔に書く。再放送枠も初履修のものがあったが、それはノーカンで。

 

ネタバレあり〼

 

50音順

1、あかねさす少女

アニマックス開局20周年記念作品。パラレルワールドを旅する的なやつ。主人公達がパラレルワールドで困惑する様子は面白かった。特に西部劇回。

 

2、アニマエール!

4人の女の子がチアリーディングを頑張るお話。猿渡家の姉弟の話とかは良かった。あといきものがかりの「じょいふる」流してきたのはびびった。ポッキーのイメージしかないけど。

 

3、色づく世界の明日から

色が見えない少女が過去に飛ばされて色が見えるようになるまでのお話。主人公が、唯一色の見えた絵本の話した時点で、大体結末は見えたけど、時間旅行系でよくあるこういうのは嫌いじゃない。そんなことより9話あたりのあさぎちゃん見てるだけでしんどい。

 

4、うちのメイドがウザすぎる!

恐怖音楽が入るタイミングとかテンポが良かった。あんまりメガネキャラは好きにならないのだが、みみかちゃんはかわいいと思った。

 

5、宇宙戦艦ティラミス

ひたすらギャグだと思ったらシリアスな終わり方して腑に落ちなかった一期。この二期もそんな感じだった。ギャグも途中からなんかわけわかんなかったけど15分アニメだったのもあって勢いで見続けた。

 

6、寄宿学校のジュリエット

金髪西洋美少女かわいいなーって見てたら途中から黒髪東洋美少女出てきたやんけ!ってなった。

 

7、SSSS.GRIDMAN

エヴァ等の音楽を作ってる鷺巣詩郎さんが音楽担当するってんで見たら面白かった。最後の最後の数分で引きこもり達を精神的に殺す演出で自分も死んだ。

 

8、ゴブリンスレイヤー

最初は陵辱だとかゴブリン皆殺しの印象が強かったが、なんか最後は冒険者達がゴブリンスレイヤーと協力して敵倒して仲良くなっておしまいってなってちょっと意外だった。

 

9、人外さんの嫁

これは5番の宇宙戦艦以上に勢いで見続けた作品。カネノギさんふわふわしてそうだなぐらいの感想しかないですすみません。

 

10、青春ブタ野郎はバニーガール先輩夢を見ない

予告の黒髪ストレートロングの制服姿とバニーガール姿に完全に釣られて見始めた。不確定性原理とかシュレディンガーの猫って本質的には違くなかったっけ?って思ったけど専門家でもなんでもないクソにわかなので黙ってた。

 

11、ゾンビランドサガ

星川リリィちゃんを推します。リリィ回の曲が微妙ってのをネットでちらほら見るけど、あれは伝えたい言葉が多すぎるってことだと思ってる。確かに初見の時かなり困惑したけど。

 

12、DOUBLE DECKER! ダグ&キリル

刑事物。最後の方駆け足っぽくて、これで終わり?って思ったけどdアニメストアで確認したら2月にまた新しくなんか配信されるらしい。局長の正直に物を言うとこ好き。

 

13、となりの吸血鬼さん

生活リズムが逆転している人間と吸血鬼が同居してて、でも片方の生活を強要してこないのがとても尊かった。お互いの生活を尊重してるのスバラシイ。吸血鬼って何百年も生きてればかなりの闇を抱えそうだと思うのだがそういうのなかった。そういう作品じゃないのはわかってるけど。

 

14、ひもてはうす

くだらないギャグだったり、ラジオ形式の大喜利やったりしてるばっかだった。こういうの好きだけど。

 

15、ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。

悪魔が集うアニメだけど非常に癒された。すぐにトイレが近くなるごっちんをひたすら画面の外から眺めてた。

 

16、やがて君になる

燈子先輩の愛がひたすらにめんどくさい。ふざけんな。ふざけんな。でもそういうの好き。でもふざけんな。表現力が皆無なのでこんなことしか言えない。

 

17、RELEASE THE SPYCE

色々考えて無いとは思ったけど、メイが本当に裏切ってたら発狂してた。4話と関連づけて発狂してた。裏切り云々自体は序盤で言ってたからそこまで驚かなかったけど。

 

初めて割とちゃんと且つそれなりの本数を見た気がする。2019冬の感想も頑張って上げてみる。

2ndスタァライブ

2018/12/22(土)にパシフィコ横浜で、レヴュースタァライトのライブイベント、「Starry  Desert」が行われた。昼の部と夜の部のうち、私は夜の部の方に参加した。

 

オープニングアクトは、ソシャゲで出てくるシークフェルト音楽学院というユニットが行い、彼女らのオリジナル曲とゲームのテーマ曲を歌った。くどはるの自己紹介の時だけオタクのテンション高くなるの面白かった。

 

その後はお待ちかね九九組の登場である。まだ発売されてないシングルや円盤の特典CDの曲を結構やってて、そういうライブはあんまし経験したことなかったので意外だった。楽曲予習した意味。新曲聴けたからまあいいけど。

「Fly Me to the Star」はしんみり曲だしライブ向きじゃないかなと思ってたけどやってくれた。全員分聴けて、またアニメ見てーなーと思った。

 

オープニングアクトでやった曲をなぜかもう一度やった後、今ライブに来て本当によかったと思える事態が起こった。アニメで流れたレヴュー曲をすると言い出したのである。

確かにレヴュー曲ライブで聴きたいとは思ってた。でもあれセリフ入れるための間奏長かったりするからやりにくそうって思ってた。でも時系列順にやるというのである。本当に来てよかったと思った瞬間。

 

よかった所なんてぶっちゃけ全部なので、2つにしといた。

 

その1、「恋の魔球」。

曲自体が好き。明るく軽い曲調なのに歌詞は嫉妬でレズとかいう差がほんますこ。アニメでは野球的な要素が入ってたが、SDキャラのパネル持った野球のユニフォーム姿のバックダンサー出てきた時は流石に笑った。客席に向かってボールも打ち出すし。空振りする姿は可愛かった。

 

その2、「Star Divine」。

曲自体もそうなのだが、アニメの再現がアツかった。真矢クロで手繋いで回転するところとか最高でしたハイ。曲終わった後も、アニメ映像でちゃんと尊い百合の真矢クロのレズやってくれるし有能。

 

アニメ見返したいと思いたくなるレヴュー曲だった。

 

アンコールでも、スタァライトシアター踊れたし三森すずこさんも拝めたし満足なライブだった。

 

とりあえずアニメ円盤を買うお金をどうするかが目下の問題。他にも行きたいライブとかあるからめっちゃ問題。

 

3週連続ライブもこれで終わり。次からもう少し考えような、自分。